カウンセリング体験談

 30歳・主婦・女性

私は小学校一年生の子どもがいるのですが、毎日毎日、子どもにやかましく、「~しなさい」「まだ~してなかったの?」と怒っていました。
いろんな子育ての本を読んでは「~しなさいと言うのはやめよう」と固く心に誓うのですが、気づいたらまた「~しなさい」と言ってしまう。私なりに子どもを愛しているし、優しく接してあげたいと思うのに何で私はそうやってしまうのか、何とかしたいと思いカウンセリングを受けました。
カウンセリングを受けていろいろ話すなかで、私の母が私にしていたことと全く同じことをしているということに気づきびっくりしました。
「あんなお母さんにはなりたくない、自分が大人になったら絶対優しくて穏やかなお母さんになる」とそういえば子どもの頃思っていたことも思い出しました。
私は自分と子どもの問題だと思っていたのですが、実は私が母を許していない、母との問題だったことに気づきました。
このことに気づかずに子どもに同じように接していたら子どもも私を母として認めずに、大人になってまた自分の子に~しなさいとやかましく言っていくんじゃないかと思うと怖くなりました。
ですが、自分と母との問題だという自覚が上がった分、子どもに対して「~しなさい」と怒ることが減ってきています。
これから母を許していくプロセスはまだまだ時間がかかるとは思いますが、着実に前進している感覚があり、今後の自分の変化が楽しみです。

29歳・販売員・女性

私は10年位、付き合っている相手をなかなか信用することができず、疑ってしまう事に悩んでいました。
「この人なら大丈夫」と思って付き合い出した人でも、ある程度の時間が経つと、「浮気しているんじゃないか・・」等と気になり、疑い出し、自分も相手も嫌な気分になり、結局疲れてダメになってしまう、という事の繰り返しでした。
誰にも真剣には相談できず一人で考え、「きっと最初の相手に浮気された事があったからそれが原因で、男性のことを信用できない人間になってしまったんだ」と被害者意識が、心の中にありました。
やっとカウンセリングを受けようと決めた時も、その思い込みが強くありました。
本当は別の原因があったにも関わらず、私は無意識のうちにそれに触れないようにしていたのだと、後で分かりました。
しかしカウンセラーの方は辛抱強く、その別の原因(私の場合は子供の頃の経験や気持ち)にたどりつき、解消すべく色々と試みて下さいました。
最終的に自分の悩みの本当の原因が分かった時、それまで自分が気付きもしなかった感情や考えに驚かされ、納得もしました。
いまはは気持ちも楽になり、自分でコントロールしやすくなったせいか、今までのように疑ったりすることも少なくなりました。
カウンセリングに通ったのは今回が初めてでしたが、行ってみて良かったと思います。あまり大げさなものと考えず、今度はちょっとした相談などでも伺ってみようかな、と思っています。色んな講座にも参加してみたいです。本当にどうもありがとうございました。

35歳・営業・男性

現実的に起きている不安を整理し、それを解決するための道しるべを的確に示してくれたことで気持ちが変化していることを感じました。
毎日仕事で人と関わってきていたので、混乱していた心の中を、穏やかにさせることができたことは、このカウンセリングでは、非常に有意義でした。
仕事で成績を上げるためにはと必死で毎日そのことばかり考えていましたが、自分自身の心と向き合い、自分の中の可能性を信じることは今まで取り組んできていなかったと反省しています。
自分と向き合った分、営業成績もあがり、一石二鳥です。
自分自身の人生に責任をとるということと、仕事で成功するということがやっと体感して理解ができたと思います。
いろいろとありがとうございました。

38歳・事務員・女性

最初、私はカウンセリングは悩み苦しんでいる人が受けるものだとばかり思っていました。悩んでいる=弱い人というイメージが自分の中にあり、悩んでいても、いつも明るく振舞っている自分がいました。
ですが、無理して明るく振舞っているので、友だちと一緒にいても、恋人と一緒にいても疲れるばっかりで。
なぜ、友だちや恋人の前さえも本当の自分自身を出せないのか、ずっと独りで悩んでいました。
この苦しさから抜け出したい、そう思いカウンセリングを受けてみようと決意しました。
カウンセリングで話を聴いてもらうだけで、今まで溜めていたものがたくさん、たくさん出てきました。
「今まで独りで抱えてきてつらかったですね」と気持ちを受け止めてもらった時にはもう明るく振舞おうという意識はなく、大泣きしていました。
自動的に明るく振舞ってしまう癖はまだまだ治ってはいませんが、弱さをみせても大丈夫と自分自身に言ってあげることができるようになり、自分らしくいれるようになっていけるという希望が見えてきています。ありがとうございました。

34歳・介護士・女性

私は、人から褒められる事が苦手でした。
もちろん自分が頑張った結果として褒められるのは、とても嬉しいんですが、自分が頑張ったなっと思ってない事で褒められたりすると、その褒め言葉に値しない様な気がしてしまうのと、恥ずかしさもあって、「そんな事ないよ」と答えてしまいます。
その話を先生にすると、なんと「受け入れちゃえば?褒められるのって嬉しいよね」っと・・・。
はじめは「えええ?そ、そんな簡単に・・・?」っと思いました。
でも、よくよく考えると、今まで素直に「ありがとう」って言った事なかったんです。
なので、カウンセリングが終わった後日、実行してみました。
すると、自分でもびっくりする程「ありがとう」って素直に言えました。
「なんだー、今まで『できない』っと思ってただけで、『やろう』としてなかっただけなのかー」っと思いました。
これをきっかけに、他の事に対しても、「できない」っと思い込まずに、「とりあえずやってみよう」っと考える様になったと思います。

22歳・看護師・女性

今までにも他でカウンセリングを受けたことはありましたが、なかなか続くことはありませんでした。
でも、こちらのカウンセリングでは温かい雰囲気が良かったのと、悩みの解決について「こういうことを考えていきましょうね」と方針を話して下さったので、私は続けて話してみたいと思うようになり、通うようになりました。
毎回行くたびに、自分の新たな面を発見できたり、そんな考え方もあったのか~と感心することが多かったです。
私の場合、相手の気持ちを優先しすぎるために、自分の気持ちが分からなくなっていました。相談している内に、『自分で自分の本音が分からなくなっているなんて寂しい』と感じました。
自分に対してそんな感情が湧き上がってきたのも初めてで不思議な感覚でした。」
カウンセリングが進み、だんだんと、自分は今どう思っているのかな?と気にかけられるようになり、自分の考えを大切にしようと思うようになりました。
最初は恋愛の悩みがきっかけでこちらに来ましたが、それだけでなく、自分の考えに自信が持てるようになり、成長できたんじゃないかな?と思っています。どうもありがとうございました。

46歳・主婦・女性

カウンセリングを受ける前は、自分のことをよく知らない方に家族でも解決できない不安をぶつけても良いのか、自分でも抱えきれない悩みを第三者がわかってくれるのだろうかという心細い気持ちがありました。
そのためカウンセリングへの期待より不安が勝っている状態でした。
先生は、そんな私の様子を見て、私に合ったペースでカウンセリングをして下さいました。
感情のまま思いを伝える私に対していつも温かく優しく接して下さいました。
そして安易に不安解消の結論を出すのではなく、自分自身で解決できるようになる考え方を教えて下さいました。
先生は優しくして下さるだけでなく、自分で前へ進むためのエネルギーを与えてくれます。それって一過性の優しさより、これからに向けたずっと大切な力だと思います。
不安でいっぱいだった私を真剣に受け入れて下さった先生、ありがとうございます。
そしてこれからも、行き詰った時にお話聞いて下さい。
直接関わらなかった先生方も、温かな対応、ありがとうございました。

30歳・主婦・女性

私がこのカウンセリングルームを利用したきっかけは夫婦の問題からでした。
普通は2人でそれぞれカウンセリングを受けていくべきなのでしょうが、私の方の非が大きいと主人に言われ、1人でカウンセリングルームをさがし、とても心細い思いで1回目のカウンセリングに向かったのを覚えています。
今まで人に言えなかった本当の気持ちをそのまま受け入れてもらったあとの心の軽さ。本当に初めての体験でした。
結果的には離婚となりましたがカウンセリングを受けて、なぜ私達が向きあえなかったのかが理解できていましたから、新しい人生に向けて再出発できました。
カウンセリングはアドバイスをくれると言うよりも、自分の気持ち、思いぐせなど本当に気づかなかった部分を気づかせてくれる所だと思いました。
本当にありがとうございました。

33歳・教員・女性

誰かに自分が「嫌だな」って思う様な事をされた時、以前の私ならすぐにその事に対しての怒りを相手にぶつけていたと思うのですが、最近は「相手にも都合があったのかもしれないし・・・」っと考えるようになり、怒る前に一呼吸おくようにしていました。
でも、相手にどんな理由があったとしても、私の気持ちの中の「嫌だな」っと思った所は残り、なんだか、釈然としませんでした。
頭ではわかっていても、気持ちがついていっていないっといった感じです。
そこで、自分の気持ちに整理をつけようとカウンセリングを受けました。
カウンセリングを受けて、私は自分が「嫌だな」っと思っている事に対して、「どういう事を嫌だなっと思うのか」を考えていない事に気づきました。
自分が「嫌だな」っと感じるのは、自分が大切に扱われていない様に感じた時や、淋しい思いをした時、無視された様に感じた時だったのです。
この事に気づくと、自然に自分が「嫌だな」っと感じた時に、ただ相手に怒りをぶつけるのではなく、「○○って自分が感じたから、やめてもらえるかな?」っと、冷静に相手に接する事ができるようになりました。
きちんと自分の気持ちに自分自身で対処出来る様になり、今ではとてもすっきりした状態です。
カウンセリングは丁寧に自分を見つめていく事なんだとしみじみ思いました。

このページの先頭へ