カウンセリング

■カウンセリングとは・・・

NPOワンネスでは、20歳以上の健全な社会人の方のためにカウンセリングを提供しています。

主に、交流分析、論理療法、ロジャーズのクライエント中心療法、アドラー心理学、発達心理学をベースしたカウンセリングです。

 




カウンセリングとは、依頼者の抱える問題・悩み等に対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことです。
カウンセリングを行う者をカウンセラー(counselor)、相談員と呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、来談者と呼びます。




まだまだ日本では、カウンセリングに対して特別なもの、心に病を持った人が受けるもの等
どちらかと言えば、ネガティブなイメージをお持ちの方も少なくないようです。




また、「一人で考え行動することが強い人間」で、「人の力を借りることや、悩みがあることは弱い人間」という思い込みや、日本人にとって「こころ」について語り合うことや、「こころ」の重要性についての認識は、欧米に比べて低いようです。




あくまでも、カウンセリングは自分の自己実現に「使う」もので自律的であり、相手任せでは問題解決や自己実現は起こりません。
むしろ健康な人が受けることで、うつ病を回避できたり、問題が早い段階で解決できたりする場合があります。



実は欧米では悩みがないと思っているときにカウンセリングを受けることや、自分のカウンセラーを持つことは主流となってきています。
定期的にカウンセリングを受ける事で、仕事でもプライベートでも自分の能力を発揮することが可能になり、人間関係もよりスムーズになることを実感していただけると思います。



■カウンセラーは医師ではありません。



医療機関ではありませんので、
薬を処方するなどの治療行為は行いません。
うつ病の方や精神疾患の方のカウンセリングはお受けいたしかねますので、予めご了承ください。
従って、病気になる前の予防としてカウンセリングを利用することをお勧めします。

 


■カウンセリングの効果性

人の悩みは、自分を取り巻いている全ての人間関係だといっても過言ではありません。
ですから、ビジョンの実現や目標達成するにも人間関係が鍵になるのではないでしょうか。

私達は、親(養育者)から言葉を覚えます。親が日本語を話せば、知らず知らずの内に子供

は日本語を覚え、話せるようになります。親が英語を話せば子供は英語を・・・

そして、人に対する見方、距離感、コミュニケーションのとり方、更に自分の表現の仕方、自分に対する概念、他人に対する概念の多くは親から取り入れたのです。

それらは、自分にとって「当たり前」のことなので、日常生活では気付くことは容易ではありません。

 

カウンセリングを通して、ご自身の人生の目的、なりたい自分について、あるいは解決したい事柄について思っていることや考えていることをお話ししていただきます。

カウンセラーに傾聴してもらうことで安心感を得ることができます。
さらに、安心感を得ながら、カウンセリングが進むと相談者が抱えている問題の無意識が意識化されることで、自らの力によって問題解決・成長が成し遂げられます。

 



目的は、よりよい人生を送るサポート

・自分の対人関係のパターンや人生脚本に気付く
・子育てのためのサポート
・経営者の心理的サポート
・看護師、教師、医師の方々が人を育てるためのサポート
・充実した結婚生活のサポート

■カウンセラーの役割


カウンセラーは、クライエントのこころの中にあるストレスや葛藤を、言語化やイメージ化することで、本当の課題を見つけ、解決に向け歩んでいくことをサポートします。

カウンセラーの個人的な価値観で関わるのではなく、心理学に基づいてサポートします。

NPOワンネス認定カウンセラーは、臨床心理士による教育分析またはスーパービジョンを受けることが義務づけており、訓練と実践を積んでおります。


クライエントのプライバシーは守秘義務により保護されますのでご安心ください。


■カウンセラー資格

カウンセラーは国家資格ではなく、認定資格になります。

各認定団体によりさまざまな資格があり、各団体の認定試験に合格することで取得できます。

■カウンセリング

ご相談・カウンセリングは完全予約制です。

ご利用料金は以下のとおりです。カウンセラーによって料金が異なります。


①面談カウンセリング 1回1時間 \4,000~8,000
②電話カウンセリング 1回 40分 \2,000~6,000
※通話料をご負担いただきます

お支払いは前払い制となっております。


ご予約はお電話で……… 06-6338-6563 までどうぞ!

カウンセラー紹介はこちら 

カウンセリングの体験談はこちら

このページの先頭へ